当サイトについて

「審美歯科」という言葉は聞いたことがありますか?

「審美歯科」という言葉は聞いたことがありますか?審美歯科とは、歯の白さ、歯並び、お口の健康的な美しさを追及する歯科医療のことです。

私は歯並びが悪かったので 大人になってから念願だった歯科矯正をしました。キレイに並んだ歯並びを見たときの感動はいまもおぼえています。気になっていた口元が改善されると 笑顔に自信を持てるようになりました。けっして大げさではなく 審美歯科で自信をつけることができちゃったのです。

審美歯科にはどのような治療があるのか ご紹介いたします。

矯正治療

「歯並びを整える」4つの技法

● ブラケットでの矯正治療

矯正治療では 歯並びを美しくするすることはもちろんのこと、しっかりと噛むことができる嚙み合わせを得ることができます。

歯並びが悪いと 磨き残しから虫歯や歯周病になるリスクが高まります。

また顎関節症という病気になることがあります。これは口を開けるとカクっと音がしたり 顎に痛みを感じたり、口が一センチほどしか開かなくなったりする 日常生活に影響がでる病気です。

歯科矯正をおこなうことでこれらが改善され 健康面でもメリットがあり お顔立ちも出っ歯が引っ込んだり 左右バランスよく噛むことで ゆがみの少ないない顔になることができます。

ブラケットと呼ばれる装置を 一本一本の歯に接着してワイヤーで引っ張り 理想の歯並びになるようにじっくりと進めます。通常2~3年かかりますが それだけの効果があるといえるでしょう。

大人になってからブラケットが見えることに抵抗がある場合は 透明なブラケットを使用したり 歯の裏側に接着する裏側歯科矯正という方法もあります。

● マウスピースでの矯正治療

着脱式のマウスピースを使った矯正装置です。透明なので 日中はめていても目立ちません。食事の際は外すので歯のケアもっこれまで通りおこなうことができます。

ただし 治療に適さない歯並びもある、装置を外している時間が長いと 当然歯は動かないので完了するまでに時間がかかる、などのデメリットもあります。

● セラミッククラウンでの治療

歯を削り セラミッククラウンとよばれるかぶせ物を歯にかぶせるので、ブランケットやマウスピースを使った矯正よりも 早く歯並びを整えることができます。歯を削った日に仮歯までいれるので 一日目からきれいな歯並びになります。

かぶせ物をするためには 歯を多く削るというデメリットがあります。

● ラミネートベニアでの治療

薄いセラミック製のチップやシェルと呼ばれるものを 歯に貼ります。貼る前にエナメル質を0,3~0,8㎜ほど削ります。

自分の歯の色に合わせるので自然な仕上がりになります。すきっ歯も治療できます。

欠けた歯、折れた歯、抜けてしまった歯などの修復法

● セラミッククラウンでの治療

上記にも書きましたが 虫歯を削り 必要な処置をおこない セラミッククラウンとよばれるかぶせ物を歯にかぶせる方法です。歯を削った日に仮歯までいれるので 見た目は治療した日から美しくなります。

● インプラントでの治療

歯の抜けたところに 人工の歯根を埋め込む治療です。

歯の根が残っていれば 土台をたてかぶせ物をかぶせることができますが 根がなければ 入れ歯かブリッジを入れることになります。ブリッジは 噛む力は元々の健康なの歯の約60パーセント以下ほどで 入れ歯もブリッジも噛めるかどうか。。と、食べるものを選ぶことになります。

インプラントは人口の歯根を埋め込むので 自然に食事をすることができますし 見た目も美しく 入れ歯よりも発音が自然にできる治療法です。

● ブリッジでの治療

抜けてしまった歯の両側の歯をけずり 橋(ブリッジ)をかける方法です。保険が適用されるものもあります。

歯の着色の改善する方法

● 歯の汚れをとるクリーニング治療

スケーリングやPMTCと呼ばれる方法で、歯科医師や歯科衛生士が専門の道具を使用し 歯石やプラークを取り除きます。お口の健康には欠かせないことですが 歯の色は元々の色に戻るだけですので、それ以上は白くすることはできません。

● ホワイトニングでの治療

黄ばみや変色をとる、歯の色を白くする治療

●オフィスホワイトニング

歯の内部を明るい色にするには 歯のクリーニングのあと、専門スタッフによる施術を受けます。「オフィスホワイトニング」と呼ばれるものです。ホームホワイトニングに比べ 漂白の効果の表れは早いので 歯の白さをすぐに実感できます。

ホームホワイトニングとは キットを使って自宅で自分でおこなう方法

●マニキュアで白くする

何らかの原因で元々の歯の色が濃い場合は ホワイトニングだけでは白くならないこともあります。芸能人のような真っ白い歯にしたい場合は マニキュアをおこないます。マニキュアは元の歯の色をブロックできるので、たとえ元の色が濃かったとしても 白くすることが可能です。

● 白い被せ物や詰め物にする治療

●かぶせ物で白くする

歯に白いかぶせ物をする方法です。ラミネートベニヤとよばれるものやセラミックをかぶせたり、接着してつけます。確実に白くなりまが 歯を削ることになります。一本あたりの値段も歯科医院で決めることができ 数本おこなうと高額になります。

ホワイトニングについては 下記記事でも説明しておりますので こちらも御覧ください。

アメリカでは歯が重要視される? 歯が黄色かったり汚れているとみっともなく思われちゃいますよね。実はワインやコーヒーが好きな私はかなり歯に着...

まとめ 審美歯科治療を受ける前の注意点

いいことずくめのような審美歯科ですが 審美歯科治療は自費治療がほとんどです。歯科医院によって自由に価格設定ができるので 保険診療よりも高額になります。価格を調べたり 保証制度があるかを確認したり 診療の進め方を事前によく調べてから治療を開始しましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする